タグ: ニュース・研究

農水省「若者の食生活調べたら主食・主菜・副菜を組み合わせた食事ほとんど食べてなかった。手間なんだって・・・」

栄養配慮し1日2回「ほとんどない」3割 工夫次第可能に  調査は、米やパンなどの主食、肉や魚などの主菜、野菜やきのこなどの副菜を組み合わせ、栄養バランスに配慮した食事を1日2回以上食べる頻度を聞いた。その結果、最も多いのが「ほとんどない」の28%で、「週に2、3日」も26%。普段の生活にあまり取り入れられていないことが浮き彫りになった。

【古代】恐竜の羽毛を食べる昆虫がいた!1億年前の琥珀から発見wwww

コエルロサウルス類の恐竜のものらしい羽毛を含む琥珀が2個見つかった。一つ目の琥珀には、一部が食べられたような羽毛1本と昆虫9匹が入っていた。もう一つにも昆虫1匹と羽毛1本が入っていた。昆虫は体長0・15ミリほどで、いずれも幼虫らしかった。翅(はね)はなく、かむ力の強い口で羽毛を食べていたとみられるという。近い種類の仲間は知られておらず、新属新種と判断された。

【すげぇ】賽銭泥棒を撃退した宮司(61) 空手歴10年、ベンチプレス130kgを上げる猛者「歳を取った時、他人に迷惑をかけないよう鍛えている」

その映像を見た武道専門誌の編集長で自らジム「BUDO-STATION」を主宰する山田英司さんは「この宮司さんは無茶苦茶レベルが高い」と感嘆すると「泥棒ともみ合った時に自身の腰を落として相手の動きを封じている。それは重心を落とす反応力のことだが、素人ではなかなかできない。さらに相手を怪我させない場所まで連れて行き、後ろ襟をつかんで引き倒している。環境を計算して、なおかつ一番ダメージを少なくする制圧法は何か。この瞬間に考えていたことになる」とその理由を続けた。

【スポーツ技術】魚の肌を再現の新水着素材開発wwwww

新素材は、ポリエステル糸に特殊な加工を施すことで、5~10センチの深さまで浸すと水の分子が表面に付着し、水の抵抗を減らすという。  大阪市内で会見した同社の山本富造社長は新素材について、「選手のパフォーマンスが上がる水着を公平に使えるようにしたい」と述べ、他社が同様の素材や水着を売り出しても特許権を行使しないとした。米ナイキの厚底シューズ問題を受け、素材の進化を促すには「企業が技術をオープンにすることが重要」と判断。特許権を行使しないことで新素材の採用が増えるとみている。

【研究】2種類の液体をレーザーで分離できる技術を発見!!

これは例えば、ミルクティーを作ったあとで中からミルクだけを取り出すようなものであり、今までの熱力学の常識からすると考えにくいものです。このブレークスルーによって、将来的にはコンピューターやスマホ、薬、塗料、電球、太陽電池パネルなどが今よりもずっと簡単に、より安く生産する技術が確立されるでしょう。

【画像】穿くだけで美脚に見えるパンストが登場!これには開発会社のおっちゃんも満面の笑みwwwwww

「女子よ、ごまかせ!」。ストッキングメーカーのレヴアル(熊本県芦北町)と、企画会社まつしん(熊本市)は、目の錯覚を利用して脚が真っすぐに見える「サッカクキング」を共同開発した。脚の形を気にする女性の悩みを解決しようと1月から九州限定で販売を始め、売れ行きは好調という。全国や海外への展開も視野に入れる。